ジオウ

(仮面ライダージオウ 37話 動画)無料pandora daily/フリドラ/kissasian

(仮面ライダージオウ 37話 動画)無料pandora daily/フリドラ/kissasian
2019年5月26日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ第37話』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料5月26日視聴

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料5月26日視聴番組内容

 

EP37『2006:ネクスト・レベル・カブト』…人間に擬態する地球外生命体ワームを伴う隕石が次々に落下した。ソウゴらは、仮面ライダーガタックとともにワームと戦う。が、そんなジオウIIとガタックの前にパンチホッパーとアナザーカブトが出現!二人の攻撃をかわし逃げ去っていく。変身を解除した加賀美は、矢車想と影山瞬の“地獄兄弟”について説明する。一方、ツクヨミは、ジオウをサポートした時にある異変を感じ取っておりー。

 

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
仮面ライダーガタック/加賀美新(かがみ・あらた):佐藤祐基 仮面ライダーキックホッパー/矢車想(やぐるま・そう):徳山秀典 仮面ライダーパンチホッパー/影山瞬(かげやま・しゅん):内山眞人

 

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料5月26日視聴ストーリー性

 

仮面ライダーシリーズは昔から何十作も続いているシリーズですし、演じる役者のプレッシャーもあると思います。仮面ライダージオウは映画化もされているのでセットで楽しんでいけます。

「平成仮面ライダー20作品記念公式サイト」と言うところもある位なので、こちらを見ておけば歴史も分かりますし、楽しんでいけることは間違いないでしょう。

 

ジオウは主人公が似合っていたと思います

 

仮面ライダーシリーズとしてかなり楽しんでいける番組になっていたと思います。

 

過去のシリーズが好きな人だったら、今回のシリーズも変わらず楽しめたんじゃないかと思います。

 

このたび、映画化もされて新ライダーも3体登場するそうなので映画版も面白そうだと思います。

 

仮面ライダーシリーズは昔から何十作も続いているシリーズですし、演じる役者のプレッシャーもあると思います。

仮面ライダージオウは映画化もされているのでセットで楽しんでいけます。

「平成仮面ライダー20作品記念公式サイト」と言うところもある位なので、こちらを見ておけば歴史も分かりますし、楽しんでいけることは間違いないでしょう。

ジオウは主人公が似合っていたと思いますし、仮面ライダーシリーズとしてかなり楽しんでいける番組になっていたと思います。

過去のシリーズが好きな人だったら、今回のシリーズも変わらず楽しめたんじゃないかと思います。このたび、映画化もされて新ライダーも3体登場するそうなので映画版も面白そうだと思います。

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料感想

仮面ライダージオウー の好きなキャラ、好きな俳優、女優さんなど自由に書いてください
私は仮面ライダージオウを毎週欠かさず見ていますが中でも仮面ライダーゲイツは本当に好きです。

 

ゲイツは最初ジオウを倒すために未来から来てジオウと仲良くすることがほとんどありませんでしたが、途中からジオウが良き魔王になることを信じて共に戦うようになってから本当に明るいキャラクターになったような気がします。

 

最近ではジオウとゲイツとウォズ、ツクヨミの4人で冗談を言いながらともに笑いあっているシーンが増えたように感じ、そんなシーンが本当に好きです。

さらにゲイツリバイブの力を手に入れてから見違えるほどに強くなったなと感じました。

私は歴代の平成ライダーをすべて見てきましたが、ゲイツは仮面ライダー龍騎の仮面ライダーナイトにどこか似ているところがあるなとたまに感じてしまいます。

ナイトも最初、龍騎を倒すことが目的で共闘することがほとんどありませんでしたが最後に近づくにつれて龍騎のことを信頼し冗談を言い合えるようになりました。

そのようなところはゲイツにそっくりだと思いました。

昔のゲイツなら今のようなジオウトリニティーに変身することもできなかったと思いますし、私はジオウとゲイツが最後争って終わるような仮面ライダーディケイドのような終わり方だけは望んでいません。

そのため最後はジオウが良き魔王になりみんなでハッピーエンドを迎えることを望んでいます。

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料ネタバレ

SNSで話題になったように、釈由美子さん扮するクイーンのマンホールの蓋を武器にする設定が面白かったです。

仮面ライダーキバにある過去編と現在編の恋愛要素を組み入れたクロスストーリーも踏襲されており、当時のキャストでもレジェンドでもない釈さんを軸にしていても豪華で違和感がない展開でした。

 

ウォズが「お逝きなさい」と言うなど、彼女への小ネタも盛り込まれていたところが楽しかったです。

ただ、彼女が冤罪ではなく罪を犯していたという真相の部分は子供番組的にはわかりにくい上に昇華しにくかったのではないかと思います。

 

トキワソウゴの初恋の相手のセーラさんは、本当は麻生ゆり役の女性だったということでしょうか。

このあたりも示唆的ではあるけれどわかりにくく、後味の良いものではありませんでした。しかし彼女はプロト型イクサだったのでレジェンドライダーですよね。

憎い演出だと思いました。初回から見ているのでキャストの方々の演技力の向上やキャラクターの定着ぶりも目覚ましいですね。

冒頭に無邪気にアップルパイを頬張る3人から、最後に失意で食欲がなくなる主役の演じ分けが見事だと思いました。

すっかりマンホールに話題を奪われてしまいましたがウォズのギンガファイナリーフォームにはワクワクしました。

 

また、アナザーキバがステンドグラス風のキャラデザインでオシャレだったので気に入ってます。

まとめ

 

れまでにも時間をコンセプトにしたライダーは何人もいましたが、また違う切り口でとても面白いです。

中でも中盤の過去ライダーやヒロイン、名脇役達が登場してくる回はとても見応えがありました。

過去のストーリーを知っているからこその節々に飛び交う会話やシーン、聞き覚えのある効果音が目立ってとてもうれしいです。

例えばブレイドとカリス2人のジョーカー対決や、ミラーワールドから出る共鳴音、それからギュワーン!と鳴り響く音撃音。

どれもあの時から全く色褪せることのない名シーン、効果音だと思います。その中でも私は仮面ライダーアギトに登場する仮面ライダーG3が好きなので、冒頭からG3が登場した時は感動しました。

そして後半にはジオウとの共演もあり、(たくさんやられてはいましたが)言うことなしです(アギトの変身も最高でした!)。

過去のライダー達の思い出に浸りながら、ジオウ・ゲイツ・ウォズそれぞれのストーリーが展開していく中で、それぞれが成長していく様は、私が放送を見始めてから30年経つ今でも変わることはなく、とてもうれしく思います。

特に平成は主役自身の葛藤を描くものがとても多いので、思春期であった自分に置き換えながら毎回放送を見るのがとても楽しみでした。

今後もジオウを見ながら、自分も未来への思いと信念を保ちつつ過ごしていきたいと思います。

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 動画第37話/ /無料5月26日視聴